東方神起の活動記録&情報ブログです。
最新の更新履歴はスケジュール記事およびtwitterにてご確認ください。
(開始日:2013年1月1日)



ごあいさつ (2019.1.30)
ご訪問ありがとうございます。
2019年になりました。
活動記録として開設しているこのブログ、
今年も彼らの歩みを刻んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
FROM TVXQ in Pocket

SNS





記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
キーワードタグ
アクセスカウンター
  • 累計:





芸体能チーム、2回目に得られた貴重な勝利

[元記事:KBS TVスクープ]

千辛万苦の末に得た勝利の後に蜂蜜の味の胴上げが彼らを待っていた。

4月30日に放送されたKBS 2TV『芸・体・能』第4回では、芸体能チームと木洞ピンポンスの卓球対決が描かれた中、芸体能チームが感激的な優勝を占めた。視聴率も上昇し、7.3%(ニールセンコリア全国基準)で先週より0.3%P上昇、同時間帯1位を守った。

芸体能チームは前週、上道洞卓球チームに敗れた後、2番目の対決相手に木洞ピンポンスを迎え心機一転。両チームは、ひとたりとも目を離すことができない卓球リレーに厳しい戦いを継続したまま、選手たちの闘魂は、最後まで光を放った。このように、上道洞卓球チームから木洞ピンポンスまで手強い対戦相手を迎え、芸体能チームが2度目で優勝することができた秘訣は何だろうか?

まず、上道洞からの敗北をターニングポイントにした芸体能チームの絶え間ない練習である。これは、ハリウッドスターを教えた経験が多いイ・スヨン卓球コーチに出会い、より多くの光を放った。特に、ジェギョンは自分の実力の差を克服するために、個人レッスンを受けて一日何時間もサーブの練習をするなど強いこだわりを見せ、チャンミンは海外公演時も卓球台を使って練習をした。練習はすぐに勝利につながるわけではないが、彼らの成長は芸体能チームの土台となるに十分だった。

また、運動の基本から学んだ。芸体能チームは無条件猛訓練ではなく、最も得意とする芸能人を師匠に招き卓球のマナーからきちんきちんと学んだ。カン・ホドンはずっと “チョ・ダルファン先生”と呼び自分を引き下げ、ここに自分たちの努力とノウハウが加わり、短時間でのスポーツと相対することができる実力を養うことができるようになった。

最後に、スキルの向上につながった緊張感である。芸体能チームは、誰よりも勝負欲の強い芸能人で行われた。彼らの勝負欲は試合で明らかになった。実際の技量にもかかわらず、緊張するしかない一般的な生活体育とは異なり、彼らは実戦でより多くの光を出し互角の戦いを繰り広げることになった。このように粘り強い根性、勝つという強いこだわりは、芸体能チームが達人を倒すことができる足場になった。その中に流した汗の代価であるような貴重な1勝を得た彼らは勝利の胴上げまで受けることができた。

彼らの真正性ある姿は視聴者たちまで捕らえた。放送後『芸・体・能』の掲示板には、「卓球を学んでみたい」、「卓球がこんなにエキサイティングなスポーツだとは知らなかった」「スポーツの活性化に​​幸せな笑いをありがとうございます」など卓球というスポーツに熱い関心を注いだ。特に、バドミントン、サッカー、ボーリング、スケートでフロアボール、ロッククライミングに至るまで200種類以上のグループの対決申請まで並んでいる状況。

毎回新しい楽しみで視聴者たちに笑いをプレゼントする健康充電プロジェクト『芸・体・能』は、毎週火曜日の午後11時10分KBS 2TVを通じて放送される。


01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13

14
15
16
17
19
20








放送前情報

KBS 韓国放送 @MyloveKBS
木洞ピンポンスエースVSチョ・ダルファン!見る人の感嘆を誘ったふたりの卓球達人対決は誰が勝利を得たのでしょう?今日の夜11時20分【芸・体・能】でその結果を確認してください

Twitter









LINE:東方神起スタンプ/着せかえ
  • ライブドアブログ