東方神起の活動記録&情報ブログです。
最新の更新履歴はスケジュール記事およびtwitterにてご確認ください。
(開始日:2013年1月1日)



ごあいさつ (2019.1.30)
ご訪問ありがとうございます。
2019年になりました。
活動記録として開設しているこのブログ、
今年も彼らの歩みを刻んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
FROM TVXQ in Pocket

SNS





記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
キーワードタグ
アクセスカウンター
  • 累計:




24


チャンミン、3段からだギャグでバラエティ感覚を誇示!

[元記事:KBS TVスクープ]

チャンミンが3段からだギャグでバラエティ感覚を誇示した。

去る7日放送されたKBS 2TV『芸・体・能(우리동네 예체능)』第5回では二番目のスポーツ種目としてボーリングが選ばれ練習に突入する姿が公開された。

木洞ピンポンスとの卓球対決を勝利に導いた主役であるカン・ホドン、イ・スグン、チャンミン、パク・ソンホ、チョ・ダルファンは卓球に続くボーリングミッションに慌てながらも自称ボーリング上手であるイ・スグンの教えを受け、初対決を準備する過程が描かれた。

この過程でイ・スグンはチャンミンの姿勢確認に入る。設置されたボーリングのレールは思ったよりすべりやすかった状態。これにボーリング初心者のチャンミンはレールの上で滑って横になってしまう。この姿にメンバーの笑いが出てきた中でパク・ソンホは「ギャグをちゃんと習ったね!」とチャンミンのからだギャグに感心を示し微笑みを見せた。カン・ホドンは「これ二度目も生かせば天才」と話しチャンミンのからだギャグ完成をそそのかし始めた。

これに対し、慌てたチャンミンは「どうしよう!」と言いながらも断れないままもう一度レールの上でぱったりと滑ることを成功させ笑いを放った。 これに対し、調子にのったメンバーは「からだギャグの有望株だ」「トリプル成功すれば芸能大賞だ」と控えめにだったチャンミンのからだギャグそそのかすことに熱を上げ、これに対しまた再び兄たちの罠に巻き込まれた純粋なチャンミン。連続3回にかけた多様な滑りをプレゼントして“トリプルからだギャグ”を完成する執念を見せた。 このようなチャンミンの姿はキム・ヨナのイナバウアーを連想させ“チャンミンイナバウアー”の登場に見る人々の笑いを誘った。

このようなチャンミンの想像できなかったコミカルな姿は去る卓球編で大敗した後、意気消沈した時間を過ごしたチャンミンに新しい種目であるボーリングを始めながらトラウマを消すことができるようになった契機にもなった。以後、チャンミンはボーリングでの賭けでも自信ある姿で「ぴったり1本だけ倒す」と断言した後、実際に1本だけ倒し兄たちの応援を受けた。

この日放送された『芸・体・能』は6.7%(ニールセン コリア全国基準)の視聴率を記録して5週連続同時間帯視聴率1位を記録した。

2122
2325
26






01


チェ・シウォン、親友チャンミンからの連絡に素顔で登場

[元記事:KBS TVスクープ]

スーパージュニアのメンバー、チェ・シウォンが素顔で放送に登場した。

去る7日放送されたKBS 2TV『芸・体・能(우리동네 예체능)』では“会いたい。 運動上手な友人”というテーマでMCカン・ホドン、チャンミン、イ・スグンが自分たちの人脈を総動員する姿が描かれた。

この日放送でチャンミンは同じ所属会社の家族でありスーパージュニアのメンバーであるチェ・シウォンに電話をかけ「酒を飲もう」と提案。 これに「運動をしているところだと言ったシウォンはMC陣の人脈中で一番最初にスタジオに到着し目を引いた。

番組撮影だったということが全く分からなかったシウォンは運動をしていたという彼の話の通り、素顔の自然な姿で現れた。 彼は「ノーメイクで髭剃りもしなかった。 こんな姿で放送に出るのは初めてだ」と打ち明けた。

だが、シウォンはノーメイクにもかかわらず彫刻のような容貌と、逆に素顔だからこその彼の男性的な魅力がより一層引き立って見えた。 以後、到着した元バスケット選手ソ・ジャンフンは「素顔なのにこの容貌なんてすごい」と感心した。

この日放送では卓球に続き新しい種目であるボーリング競技を準備する<芸・体・能>メンバーの話が電波に乗った。

02
0304
10
11
12
14




CAPTURE:1280×720
05
06
07
08
09


15
16
17
18
19
27
28
29
38
39
40
41
42
43


44
47
48





放送前情報
KBS韓国放送 @MyloveKBS 2013年5月7日 - 11:01

卓球に続いてボウリング編に突入する【芸・体・能】。
今日の放送ではカン・ホドン、イ・スグン、チャンミンの3MCがたくましい友達を呼んで人脈対決を繰り広げる予定だそうですね。
果たしてその主人公は誰でしょうか?








カン・ホドン&イ・スグン&チャンミンの人脈総動員!

[元記事:KBS TVスクープ]

カン・ホドン、イ・スグン、チャンミンの運動が得意な友人には誰がいるか?

7日放送される『芸・体・能』第5回では芸・体・能の常備軍席をめぐってカン・ホドン、イ・スグン、チャンミンの友人が保身を図らない対決を繰り広げることになる。

韓流スターから1泊2日公認(?) 国際審判まで運動の実力ひとつで呼んできた知人が総動員したこの席は10人余りという最多人員の超特級ゲストが一か所に集まって三MCの人脈対決を広げることになる。

特に、チャンミンの電話を受けて駆け付けた友人は電話で「僕のそばに君のライバル・ミンホもいる。ミンホが君をあざ笑っている」と話しチャンミンを凌辱し彼の正体に対する関心を高めた。 また、カン・ホドンは8年にわたるテニスのライバルを公開して意外な人脈を誇示した。

集まった彼ら“運動上手な友人”は1泊2日を通じて広く知らされた1泊公認国際審判クォン・キジョン照明監督の偏向的なルールに基づいて柔軟性テストを実施する予定。これを通じて最下位となる友人を持つMCはボーリングのトップバッターとなる特権を与えられることになる。

すでに最初の走者の佗びしさを骨中深く刻んでいるチャンミンと偏平足人脈を自慢するイ・スグン、イ・スグンに負けるのは死ぬほどいやなカン・ホドンのプライドをかけた人脈対決。果たして、彼らの代わりに柔軟性テストに出る友人は誰が登場するのか関心を増幅させている。

これに対し『芸・体・能』製作スタッフは「芸能プログラム史上最多、最高のゲスト出演となるようだ。 会おうという電話一本で駆け付けた各界各層の多様な友人たちに3MC代わって感謝の挨拶を伝えたい」と話しゲストに対する期待感を高めた。





カン・ホドン、イ・スグンからまともに喰らった“一撃”

[元記事:KBS TVスクープ]

カン・ホドンがイ・スグンにがっつりと一発喰らった。『芸・体・能』第5回収録現場ではカン・ホドンとイ・スグンのテコンドー対決が繰り広げられた。天下壮士出身のカン・ホドンとテコンドー選手出身のイ・スグンがテコンドー対決を広げた理由は、イ・スグンの挑発だ。

木洞ピンポンスとの対決で勝利した後、カン・ホドン、イ・スグン、チャンミンは、視聴者たちの挑戦状を見て卓球の後の対決種目に悩み始めた。これにイ・スグンが 「テコンドー対決なら僕はカン・ホドンに勝つことができる」と断言。イ・スグンの挑発に間違いなく乗ったカン・ホドンは、やはり「横綱である僕を倒すことができるとでも?話になるのか?」と怒った。

これにチャンミンも「結果はみなければわかりませんよね」と二人を仲違いしテコンドー対決をけしかけ始め、審判となってヘビー級カン・ホドンvsライト級イ・スグンの場テコンドー対決が始まった。

試合開始と共に3点を基本で獲ると大言壮語したイ・スグンと、イ・スグンが連勝をするとは思えないと嘆いたカン・ホドン。対決​​の勝者は誰だろう?テコンドー対決の後、カン・ホドンは「最近、イ・スグンが格好つかない。前回、本当に蹴りするとは思わなかったが、蹴って自分がすっかり滅入ったら、今度はあざができた」と怒りを抑えきれなかったという裏話だ。

連日熱くなるカン・ホドンvsイ・スグンの場外対決。果たして、今回のボーリング対決では、カン・ホドンがイ・スグンの鼻っぱしらを折ることができるのか注目される中、カン・ホドンの体の屈辱が続く見通しだ。


“芸・体・能”チームを救うボウリング救世主の登場!?

[元記事:KBS TVスクープ]

ボーリング上手の火花散るストライク対決が始まる。

5月7日に放送されるKBS 2TV『僕らの町の芸・体・能』は卓球に続きボーリングが2番目の対決種目に採択された中でカン・ホドン、イ・スグン、チャンミン、チョ・ダルファンがともにする。

イ・ビョンジン、アレックス、アン・ヒョンジュンは芸能界代表のボーリング上手で、彼らのボーリングへの無限愛は十分知られている。 3人とも車にボーリング用品を備えて通う程ボーリングに対する造詣が格別だ。

その中でイ・スグンの推薦で芸体能チームに合流することになったイ・ビョンジン。彼は「過去にボーリング場を運営した経験があり、実際にプロ ボーリング選手になることまで考えたほどボーリングに格別な関心を持っていたし、今でも持っている」と話した。また、「ボーリング場運営当時、不幸にもIMF事件が起きた。 ボーリング場もまた、建物の地下にあったから後腐れなく滅びて僕がボーリング場を運営した事実を知る人はきわめて少ない」話すなど自身の笑えつつ悲しい過去の歴史を伝えた。

引き続き、彼は「周りに自分よりボーリングの実力が優れた芸能人はいる?」というカン・ホドンの質問に「僕が直接見たことではないが、しばしば行くボーリング場でクラジクワイのアレックスがプロ級のボーリング実力を持っているという話を聞いた」と言い、ゲストにアレックスを推薦した。

だが、アレックスは予期せぬ芸体能チームの交渉電話に「なぜ僕に電話したのですか?交渉しているのですか?」と話し慌てたそぶりを隠すことができなかった。

また、アン・ヒョンジュンは芸体能チームのエース“タクシン(=卓球の神)”チョ・ダルファンの親しい仲で現在、芸能人ボーリング団で促進を受け持っている。 その中でチョ・ダルファンは彼に「君も僕のように世の中の外に出てきてみて。 ここは新世界さ!君も僕のようにまた他の世界を経験できるよ」と話して芸体能チームに合流することを積極的に推薦、人々に笑いを与えたという。

彼らは対決に先立ち、一週間ボーリング特訓に入った中で、果たして“ボーリング神”として際立った存在感を精いっぱい表わす者は誰なのか、視聴者たちの耳目を集中させている。

『芸・体・能』製作スタッフは「特に、イ・ビョンジンはパーフェクトの記録を持っているほど格別な実力で芸体能チームではすでに“先生と”呼ばれている。 卓球に続きボーリングもまた、視聴者の皆さんに白熱の対決を披露する予定」としながら「まだボーリングの初歩に過ぎないカン・ホドン、チャンミンが彼ら3人と会いどれだけボーリングの実力を向上させられるかも視聴ポイントになるだろう」と伝えた。

イ・ビョンジン、アレックス、アン・ヒョンジュンの合流で新しい活力を呼び込んだ芸体能チームは改めてボーリング猛訓練に突入する予定。
『芸体能』は毎週火曜午後11時10分、KBS 2TVを通じて放送される。






チャ・テヒョン、『芸・体・能』出演希望「セパタクロー編に呼んで」

[元記事:KBS TVスクープ]

最近妻の第3子妊娠で子だくさん芸能人隊列に合流したチャ・テヒョンが『芸・体・能』への熱い関心を表明した。最近、KBS 2TV『芸・体・能』撮影現場でイ・スグンはチャ・テヒョンが『芸・体・能』への出演を希望していると伝えた。

1泊2日でチャ・テヒョンと親しい仲になったイ・スグンは「チャ・テヒョンが芸・体・能に出たがっている。“セパタクローをするなら必ず呼んで”と言われた」。これにチャンミンは「(芸体能での戦いは)見えることがすべてではない」と言い、「ひどい目にことがあうことができます」と舌を巻いた。これは実力が上昇したにもかかわらず、過去の卓球の試合で大敗した本人の姿を思い出させて笑いを誘った。

現在の緊張感あふれるゲームと健康的な笑顔で好評を継続している『芸・体・能』。芸能人たちが同好会で活動している一般の人々とスポーツ対決を繰り広げる健康充電プロジェクトで最初のプロジェクト・卓球に続き2番目のプロジェクトとしてボーリングが選ばれている。

セパタクローでの出演を希望したチャ・テヒョンほか、最近ボーリングに参加したイ・ビョンジンは、今回の収録に先立ち「芸・体・能を見ながら、ボーリングが種目になれば僕に電話が来ると思っていた。その後、ほぼ毎日ボーリング場に行って練習しながら待っていた」と率直告白している。また、芸・体・能が生んだスター、チョ・ダルファンは「毎日100通余りのメールが来る。この中には、有名芸能人もいる。僕を応援してくれる内容だとあっけにとられる」と変化したスタンスを伝えた。

イ・ビョンジン、アレックス、アン・ヒョンジュンの合流で新たな活力を予告している芸体能チームはボーリング猛練習に突入する予定。




Twitter









LINE:東方神起スタンプ/着せかえ
  • ライブドアブログ