東方神起の活動記録&情報ブログです。
最新の更新履歴はスケジュール記事およびtwitterにてご確認ください。
(開始日:2013年1月1日)



ごあいさつ (2019.1.30)
ご訪問ありがとうございます。
2019年になりました。
活動記録として開設しているこのブログ、
今年も彼らの歩みを刻んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
FROM TVXQ in Pocket

SNS





記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
キーワードタグ
アクセスカウンター
  • 累計:



『芸・体・能』チャンミンが書く脚本のないドラマ

[元記事:スターニュース]

KBS 2TV『芸・体・能 (우리동네 예체능)』の“穴”という修飾語を得たチャンミンが穴脱出にありったけの力をふりしぼっている。

チャンミンはカン・ホドン、イ・スグンと共に、去る4月9日から放送の『芸・体・能』にMCとして出演している。

『芸・体・能』は一般の人たちとスポーツ対決を行うスポーツバラエティー。チャンミンは何でも上手にこなしそうな容貌とは違い、初めての対決種目である卓球から『芸・体・能』の穴に浮び上がった。

チャンミンは卓球対決でカン・ホドン、イ・スグンをはじめ、視聴者たちの期待とは異なり、ラケットをつかむ姿勢から粗雑で『芸・体・能』初放送から穴として浮上した。 海外公演により練習不足解消のため直接卓球台を購入、単独で練習をした彼である。

だが、Rainbow・ジェギョンが合流した当時、練習試合で自身満々だったチャンミンは苦戦を強いられ頭を下げた。芸体能チームのどのメンバーよりも真剣だった彼は、続く敗北でさまざまな屈辱にあった。

チャンミンは『芸・体・能』の二つ目の対決であるボーリング対決でも穴で、同僚を悩ませた。初練習当時、粗雑な姿勢でしりもちをついて笑いを演出。難易度の高いダンスを消化するチャンミンがこのような反転した姿で要注意人物になった。

チャンミンは28日午後放送される『芸・体・能』勝利の主役からは早目に排除された状態。だが、彼は穴脱出のために孤軍奮闘したと製作スタッフは言う。

『芸・体・能』製作スタッフのある関係者は「チャンミンは卓球に続くボーリング対決を控えて、絶えず練習を繰り返した」と言い「公演スケジュールがなければボーリング場で何時間も練習をした。今回の放送でチャンミンの変わる姿を期待して下さっても良いほどだ」と伝えた。

関係者は「芸・体・能の穴であるチャンミンが今後どのように変わるのかも視聴者たちの視聴ポイントになる」と語り「スポーツは脚本ないドラマだという。チャンミンが芸・体・能を通じて成長する姿を見せ、自分だけのドラマを書くことが期待される」と話し「ボーリングの2度目の対決ではチャンミンが以前と変わった姿を見せ製作スタッフもびっくりした」と付け加えた。

『芸・体・能』の隠れた期待の主は3人がMCで、“第4のメンバー”ではないチャンミンだ。 誰より弱かった彼が毎回発展する姿は今後このプログラムの丈夫な支柱になるだろう 。脚本のないドラマを見せるチャンミンの今後の活躍が期待を集める。


Twitter









LINE:東方神起スタンプ/着せかえ
  • ライブドアブログ