東方神起の活動記録&情報ブログです。
最新の更新履歴はスケジュール記事およびtwitterにてご確認ください。
(開始日:2013年1月1日)



ごあいさつ (2019.1.30)
ご訪問ありがとうございます。
2019年になりました。
活動記録として開設しているこのブログ、
今年も彼らの歩みを刻んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
FROM TVXQ in Pocket

SNS





記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
キーワードタグ
アクセスカウンター
  • 累計:



13


『芸・体・能』 イ・ジョンスの“悪い手”、チャンミン全身手探りで“爆笑”

[元記事:TVDaily]

チャンミン&イ・ジョンスは“イーグルアイカップル”で登板した。

7月9日に放送されたKBS 2TV『芸・体・能』初のバドミントンミッションが開始された。この日、本格予定の競技に先立ちチャンミンは自分のパートナーを探しに出た。

チャンミンのペアは、イ・ジョンスだった。 二人はこの日初めての出会いにもかかわらず、お互いにスキンシップを躊躇しなかった。さらにイ・ジョンスは、暗い部屋で“悪い手”を発動させチャンミンの胸に触れて笑いを誘った。

さらにこの日、チャンミンとイ・ジョンスは、互いに約束していなかったが、ともに上下の花柄の衣装を着て出会い目を引いた。 意図していなかったカップルルックに2人は爆笑を停止できなかった。







24


『芸・体・能』カン・ホドン-ジョン・パク、チャンミン-イ・ジョンスにバドミントン対決 勝

[元記事:ヘラルド経済]

カン・ホドン-ジョン・パクチームがバドミントン対決でチャンミンとイ・ジョンスのチームを抑えて決勝に進出した。

7月9日午後放送されたKBS2『芸・体・能』はジョン・パク、イ・マンギ、イ・ジョンス、ビッグスターのFeelDogがゲストとして出演した。

この日のゲストと芸・体・能のメンバーたちはそれぞれチームを組み、独自の評価試合を繰り広げた中、カン・ホドンと同じチームになったジョン・パクはチャンミンとイ・ジョンスのチームと対決を繰り広げた。

前にジョン·パクは「バドミントンは初めて」と言ったのとは異なる逆のバドミントンの実力にチャンミン、イ・ジョンスチームを軽く押し退け決勝に上がった。

このチームは、決勝戦でイ・スグン、イ・マンギのチームと対戦することになった。 しかし、運動神経が優れたイ・マンギには力不足で、最終的に優勝の座を譲ることになった。

ジョン・パクは3日、16ヶ月ぶりに正規1集アルバム「INNER CHILD」を発表した。




2122
2325
2627
2829
30





06


最強チャンミン「バドミントンラケット持った姿が素敵でSMにキャスティング」

[元記事:NEWSEN]

チャンミンがキャスティングされた理由を明らかにした。

7月9日に放送されたKBS 2TV『芸・体・能』で初のバドミントンミッションが開始された。

チャンミンは、高校在学中の学校で友達とバドミントンでSM関係者に抜擢されたと伝えられた。これをきっかけに東方神起としてデビューすることができた。これにカン・ホドンは「バドミントンで抜擢されたので国家代表級だ」と期待感を現わした。

しかし、チャンミンは「バドミントンのラケットを持っている姿が格好よかっただけだ」と釈明した。この中で、自分が素敵だという事実を強調して笑いを誘った。

一方この日カン・ホドンはチャンミンに「やせた。たくさん泣いたから?」とからかった。 先週チャンミンがボウリング競技で敗れた後、嵐の涙を流したからである。 チャンミンは「ご飯もまともに食べられなかった」と認めた。

0102
0304
0507
09





放送前情報



イ・ドンスコーチ、芸・体・能チームに代表式トレーニング実施!

[元記事:KBS TVスクープ]

卓球とボーリングはウォーミングアップに過ぎなかった。 9日放送されるKBS 2TV『芸・体・能』第14回では、芸・体・能チームがバドミントンを準備しながら、最初の試合に出場する選手たちが初めての出会いを持った。イ・マンギ、ジョン・パク、イ・ジョンス、FeelDog、カン・ホドン、イ・スグン、チャンミン、チョ・ダルファンが一緒にバドミントンダブルスチームを組んで、基礎訓練に突入した。

その中でバドミントン界の“イケメン”スターに数えられるイ・ドンス代表コーチが最初の試合の準備をする芸・体・能チームにワンポイントレッスンを実施した。 2008年北京五輪バドミントン代表チームのコーチとして、混合ダブルス金メダルのイ・ヨンデ - イ・ヒョジョン組を率いたイ・ドンスコーチは、2004年アテネオリンピックバドミントン男子ダブルスで銀メダルを獲得した実力派。

今まで卓球のイ・スヨン監督をはじめ、ボウリングのパク・キョンシンプロボウラーとキム・スルギプロボウラーが芸・体・能チームの強固な支援軍で活躍したことはあるが国家代表チームコーチ選任は、芸・体・能史上初めてだ。

芸・体・能チームは、イ・ドンスコーチの指導の下、バドミントンラケットのグリップ法からサーブ、正確なスイングなどバドミントンの基本的な姿勢はもちろん、様々なルールまで、一日かけて国家代表コーチのもと猛練習したという。

一方で、今までの卓球やボ​​ーリングと違い芸・体・能チームのバドミントン競技は、審判1名と線審2名によって行われ、5戦3先勝制でバドミントン連盟の規定に沿って行われる。

『芸・体・能』制作陣は「バドミントンは、爽快なスリルと迫力はもちろん、緻密な戦略の戦いなどの旨味を取りそろえており、老若男女誰でも簡単に楽しむことができる種目」と言い「イ・ドンスコーチの指導の下、バドミントンの真の味を感じている芸・体・能チームの活躍を期待してほしい」と伝え新しい種目に対する期待感を高めた。

このように、イ・ドンスコーチの代表なハードトレーニングでバドミントンでの必勝を誓った芸・体・能チーム。彼らが繰り広げる名勝負の成り行きが注目される中、イ・マンギ、ジョン・パク、イ・ジョンス、FeelDogの参加に関心を集めている『芸・体・能』バドミントン編は来週火曜日(9日)夜11時20分に初放送される。



チョ・ダルファン、彼は今深刻な"ジェギョン病"中?!

[元記事:KBS TVスクープ]

チョ・ダルファンが“ジェギョン病”を告白した。7月9日放送されるKBS『芸・体・能』第14回で芸・体・能チームはバドミントン国家代表チームのイ・ドンス コーチの指導の下、バドミントン基礎訓練に入る。

この日はカン・ホドンとイ・スグン、チャンミン、チョ・ダルファンが自身のバドミントンのペアのパートナーを探す“芸・体・能愛情村”が描かれる予定。四人はドキドキする胸を抱きパートナーとの初めての出会いのため、カン・ホドンはシャトルコックを持ったまま地下鉄の駅で、イ・スクンは蝿叩きと花束を持って汝矣島の支流文化橋へ、そしてチェガン・チャンミンは楽屋へ向かった。

そのうちのチョ・ダルファンは自身のパートナーに会いに行く終始、震える心を隠すことができなかった。 彼は「バドミントンのパートナー女性だったら良いだろう」という強い気持ちを表わし「卓球をする時の3分、仮想恋愛をしたジェギョンが来たら良い」というびっくり発言で周囲を驚かせたという。

引き続き、彼は「色々なパートナーがいたがジェギョンさんをたくさん思い出す。 あのエレベーターで誰が私を待っているのか期待される」と明らかにし、ジェギョンに向けた彼のラブモードがまだ終わっていないことを知らせた。

チョ・ダルファンは去る木洞ピンポンスとの競技以後「芸・体・能を通じて愛を探す」と公言したジェギョンの積極的な求愛(?)で“ピンポンカップル”の誕生を知らせたことがある。 その当時ジェギョンのブルドーザー愛に恥ずかしがったチョ・ダルファンであるから彼の“ジェギョン病”にはスタッフまで慌てたという。



Twitter









LINE:東方神起スタンプ/着せかえ
  • ライブドアブログ