東方神起の活動記録&情報ブログです。
最新の更新履歴はスケジュール記事およびtwitterにてご確認ください。
(開始日:2013年1月1日)



ごあいさつ (2019.1.30)
ご訪問ありがとうございます。
2019年になりました。
活動記録として開設しているこのブログ、
今年も彼らの歩みを刻んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
FROM TVXQ in Pocket

SNS





記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
キーワードタグ
アクセスカウンター
  • 累計:



トップアイドル10年目の東方神起チャンミンにとって“バラエティ”とは?(インタビュー)

[元記事:NEWSEN]

東方神起チャンミンが“バラエティ人”に生まれ変わっている。

最近KBS 2TV『芸・体・能』の撮影現場で会ったチャンミンは、「芸・体・能のおかげで明るくなり、外向的に変わった」と言ってしきりに活発な姿を見せてくれた。その間、『芸・体・能』で“馬鹿”と呼ばれ、ステージ上とは異なる反転の魅力を披露したチャンミンは、少しずつバラエティの楽しみを身に着けつつある。

「実はつい最近までバラエティに出演することになったと言えば恐れが先立った。さらに、デビューして10年になったがレギュラー出演は今回が初めてだから個人的に不安も多く恐れたが、幸いにも芸・体・能が運動にポイントを置く番組だったので容易に適応させることができた。汗は嘘をつかない。視聴者たちに真正性ある姿をお見せして、熱心にすれば良いと考えた」。

放送関係者、一部の関係者は、チャンミンを“イ・スンギに続く20代MC”に挙げていたりもする。実際に 『月光プリンス』時代には、落ち着いた語り口と博学多識な能力を見せて注目を集めた。今回の『芸・体・能』でカン・ホドンを助け、キューカードを出すこともある。すらりとしたスタイル、模範的なイメージが次世代の司会であることを明確にするという評価だ。ここに、韓国を代表する最高のスターでもあり、彼から引き出すことができる魅力は無限大である。

これに対してチャンミンは「過大な評価」と謙虚な反応を見せた。引き続き、「今回の機会でバラエティに初めて接することになって、10年以上この業界で働いていますが、いわゆる国民MCとして君臨したカン・ホドンさんの横で見ているだけでも勉強になることに満足している。バラエティ感覚だけでなく、番組に臨む姿勢もそうだし色々と学ぶことも多く立派」と打ち明けた。

また、「不足しているが、最善を尽くしながら、熱心に学んでみたいと思う。MC席に大きな欲を持っているわけではないといっても、与えられた機会を拒むつもりもない。ひとまずじわじわと知っていきたい」と強調した。

チャンミンは、8月6日に放送された江原道麟蹄合宿編でラフティングトレーニング中に急流に見舞われ、櫂に顔をぶつけ負傷した。唇が腫れ、到底撮影を進行することができない状況だったにもかかわらず、屈せずにその場を守った。彼の“貪欲の精神”と“プロ精神”は視聴者たちの絶賛を導き出した。

このようにチャンミンは東方神起のメンバーとしてだけでなく、バラエティ人としても最善の努力を傾けている。チャンミンは 「僕自身やりがいを感じるように視聴者の方々も僕と同じ気持ちを共有して欲しい。また、僕の力で多くの方々が“私にもできる”という勇気を出してくれたら」と述べた。


Twitter









LINE:東方神起スタンプ/着せかえ
  • ライブドアブログ