東方神起の活動記録&情報ブログです。
最新の更新履歴はスケジュール記事およびtwitterにてご確認ください。
(開始日:2013年1月1日)



ごあいさつ (2019.1.30)
ご訪問ありがとうございます。
2019年になりました。
活動記録として開設しているこのブログ、
今年も彼らの歩みを刻んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
FROM TVXQ in Pocket

SNS





Instagram

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
キーワードタグ
アクセスカウンター
  • 累計:


27

The 6th Album Repackage Humanoids

[from:TVXQ! Official WebsiteGALLERY]

2012-11-26

Track Information
1. Humanoids
Korean Lyrics by Kyung-nam Lee / Sol-bi Lee / kenzie Composed, Arranged by Thomas Troelsen / Donald “hAZEL” Sales

「Humanoids」は様々なリズムパターンやジャンルの要素がミックスされた実験的なサウンドのハイブリッドエレクトロニックジャンルの曲で、歌詞には新しい世代に、より良い未来を切り開くために悩みながら、現実に安住せずに前進して行こうというメッセージを込めて目を引く。


2. Catch Me
Composed, Lyrics, Arranged by Young-Jin Yoo

タイトル曲の「Catch Me」はトレンディなダッチエレクトロニックサウンドに加味された華やかなオーケストラの旋律、強く耳を刺激するダブステップとメロディラインの調和が新 鮮な曲だ。歌詞には自尊心の強い男性が愛する恋人の愛情表現があまりにも足りなくて愛しているのかさえ分からないほど優柔不断な態度に別れを告げるが、実 はどうか去らないで捕まえてほしいと、愛を見せてほしいと期待して哀願する気持ちを盛り込んでいる。


3. Here I Stand
Lyrics, Composed, Arranged by Young-hu Kim

愛する人への恋しさを表現した「Here I Stand」はダブステップが調和したノリの良い雰囲気のダンス曲で、強烈なエレクトロニックサウンドに相反する東方神起の哀切なハーモニーが調和して異色な魅力を感じられる。


4. 인생은 빛났다(Viva)
Korean Lyrics by Kenzie Composed, Arranged by The Underdogs

こ の曲は、Chris Brown、Beyonce、Justin Timberlake等の有名なポップスターと一緒に作業した世界的なプロデュースチーム「The Underdogs」の2012年最新作で、The Underdogs特有のクラシックなR&Bサウンドとポップ、ヒップホップジャンルがひとつに調和した曲だ。メロディックなフックとエッジのあ るリズムを基盤とし、ボーカルの音域が極限に至る激烈なボーカルのアレンジが魅力的だ。歌詞には人生の重要な価値と成功に対する人間内面の悩みを緻密に描 いている。


5. Destiny
Lyrics by Yi-Na Kim Composed by Tae-Sung Kim, Gwang-Wook Yim, Andrew Choi Arranged by Gwang-Wook Yim, Tae-Sung Kim

「Destiny」 はMAXとU-Knowのボーカルレンジを極大化してメロディの流れがまるでひとつのストーリーを連想させるような曲で、シンプルなドラムビートと甘いエ レクトロピアノの音、メロディと一緒に流れる雄壮としたオーケストラがメンバーのボーカルをバックアップしている。二人のメンバーが掛け合うメロディとア ドリブがこの曲の観賞ポイント。


6. 비누처럼(Like a Soap)

Lyrics by Kenzie Composed by Kenzie, Jung-Bae Kim Arranged by Kenzie

片思いの恋を片隅に置かれた「石けん」の境遇に比喩した歌詞が印象的なpop-rock。メンバー二人の甘いボイスが心を穏やかにしてくれる。


7. I don’t know (Korean ver.)
Lyrics by Bu-Min Kim Composed, Arranged by hitchhiker

2011年7月に発表し た東方神起の日本シングル「SUPER STAR」に収録された「I don’t know」の韓国語バージョンで、強烈なリズムとハラハラするようなボーカルリズムが魅力的だ。日本の西部デパートのCF音楽に挿入されたのはもちろん、 東方神起の日本ツアー「TONE」でもカッコいい映像と共に観客の熱狂的な反応を得た。


8. 꿈(Dream)
Lyrics by Gwang-Ho Jo Composed by Jung-Won Park Arranged by Chan-Hee Hwang, Si-On Yang

1999年にデュオの「Chanimini」が発表した「Dream」をリメイクした清涼感溢れるロックナンバー。原曲の初々しさを生かすためにアコースティックな雰囲気を最大限倍加し、律動感溢れるストリングスラインが曲を更に柔軟にしている。


9. How are you
Composed, Lyrics, Arranged by Hyun Hwang

ミディアムテンポのバラード曲「How are you」は別れた恋人に、長い時間が経った後に感じた感情を独白の形式を借りて伝える歌。「ごめんね」で繰り返される1番と、「愛してる」で繰り返される 2番は別れた後に感じたすまなさと名残惜しさの交差を表現し、3番では「帰りたい」と叫びながら現在の正直な気持ちを表わした感性的な曲だ。


10. Getaway
Lyrics by Bu-Min Kim Composed, Arranged by hitchhiker

ブ リティッシュメタルの雰囲気の曲「Getaway」はパワフルなギターとビートの上に荒々しく叫ぶメンバー二人の男性的なボーカルが更に深く、濃く、ジャ ンルの感じを表現している。最近の世の中を生きていく若者たちに、新しく変わって立ち向かおうという意味の歌詞には、疎外された自分の姿を振り返って、も う一度翼を広げて飛び立とうという希望のメッセージを込めた。


11. I Swear
Korean Lyrics by MAX Composed by Mazeland Arranged by Hyun Hwang

「I Swear」はMAXが直接作詞、いつも力になってくれた、そしていつも申し訳ないが、必ず守ってあげたい東方神起のファンに対する気持ちを込めた曲だ。 ストリングス中心の穏やかな伴奏の上に手紙を読むように淡々と歌ったボーカルが魅力的で、後半部で繰り返される「내가 널 지켜줄게…… Baby I love you Thank you」という歌詞が曲の雰囲気とマッチして彼らの誓いを一層倍加する。


12. Gorgeous
Lyrics by Jung-Bae Kim Composed by Kenzie, Andrew Choi Arranged by Kenzie

特別な存在の誕生とそれに対する限りない熱望の感情を盛り込んだ歌詞で、特定区間の繰り返しがなく、変化し続ける新しいスタイルのシンセサイザーエレクトロニカ曲だ。


13. Good Night
Lyrics by Young-Jin Yoo Composed by Han-Jin Yoo, Young-Jin Yoo Arranged by Han-Jin Yoo

夢 幻的な雰囲気と強烈でビート感のあるリードシンセ、シンプルだが重く動くドラムが適切に調和したR&B曲。歌詞は愛らしい恋人に対して、一日の辛 かった日常を忘れて赤ちゃんのように眠って治癒し、明日の新しい希望をもってほしいという内容で、眠る前に胸をときめかせる新しい雰囲気のR&B 曲だ。



Twitter






LINE:東方神起スタンプ/着せかえ
  • ライブドアブログ