東方神起の活動記録&情報ブログです。
最新の更新履歴はスケジュール記事およびtwitterにてご確認ください。
(開始日:2013年1月1日)



ごあいさつ (2019.1.30)
ご訪問ありがとうございます。
2019年になりました。
活動記録として開設しているこのブログ、
今年も彼らの歩みを刻んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
FROM TVXQ in Pocket

SNS





記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
キーワードタグ
アクセスカウンター
  • 累計:

東方神起 "力を抜いた音楽、初めて好感ある反応"

[元記事:聯合ニュース]

7集『TENSE』タイトル曲「Something」でカムバック


デビュー10周年をむかえた東方神起(ユノ・ユンホ、チェガン・チャンミン)が目の力を抜き、肩を楽に落とした。

6日発売の7集『TENSE』のタイトル曲「Something」は音楽も、舞台の上メンバーの表情も一層身近だった。

「Something」はビッグバンド サウンドのスイングジャンルで電子音とラップを減らし、バンドサウンドにボーカルを浮上させた曲。抽象的な英語歌詞から抜け出して歌詞も馴染みやすくなった。おかげで、サビのメロディが耳に入ってきて聞きやすい。音楽番組で紐を利用した高難度のパフォーマンスは依然としてインパクトはあるが、メンバーは非常に楽しくリズムに乗ってウインクをしたりとんでもない表情も作る。

過去の5集『왜(Keep Your Head Down)』と6集『Catch Me』でSMP(SM Music Performance:SMが作ったジャンルで躍動的なダンスを特徴とした音楽)の枠組みを踏襲したので変化がはっきりと感知される。

最近KBS 2TV「ミュージックバンク」控室で会ったユンホは「僕達も年を取ったのか電子音よりはリアルバンドサウンドがより良くなった」と笑った。ちょうどボーカルとアコースティックサウンドが強みであるユンナが近づくとすぐに「ユンナさんのアルバム、本当に熱心に聞いている」と親指を立てた。

ふたりのメンバーは「僕たちはこれまで大衆的な音楽を聞かせることができなかった」と言い「Somethingのミュージックビデオが公開されると、初めて好感ある反応だった。ハハ。それ以前には“素晴らしい曲”だったとすれば、今回は“快適に聞くことができる音楽”というコメントが多かった」と話した。

ビッグバンドサウンドを選んだ理由は去る10年間、ライブバンドとともに公演した経験が大きく作用した。


ユンホは「海外でライブバンドと公演した部分が大きかった」と言い、「これを僕達のステージで表現すれば」と考えた。「この頃はこのようなスタイルがないから過去のスタイルを現代化すれば良くないだろうか」「新しいスタイルで作るものの、身近に行こうと考えた」と説明した。

引き続き「(Somethingを作曲した) ユ・ヨンジン氏がこのように大衆性ある曲を書いたって?という論議はあった」と笑った後「東方神起が年齢に合うように、良い方向に力を抜いたという反応が多くて感謝した」と付け加えた。

このような反応に期待が大きくなったが、心配も交差すると話した。

「期待とときめきが大きいが、本来の東方神起の色があまりにも強かったので心配にもなる。大衆性に合わせて僕達の色を減らしたが、観客が見た時“色を失ったか”と感じるかも知れないから。でも、目の力を抜いて余裕のある姿で良い色を探っていっていると思う」

それにより、東方神起の新曲が音源チャートで善戦するかも期待が集められる状況。今まで東方神起をはじめ、多数の男性グループは強固なファン層をベースにアルバム販売量は高い反面、大衆に寄り添った音源チャートでは満足するほどの成績をおさめることができなかった。

しかしふたりのメンバーは今回の活動の目標について「“大当たり”よりは後輩に手本になること」だと強調した。この日も東方神起の控室にはGirl's Day、ユンナ、VIXXなど後輩歌手が相次いで自分たちのアルバムを持って訪ねてきた。

10年間現場で走ったプライドがあるというメンバーは「後輩に会って昔の考えがたくさん出た」と言い「後輩だけでなく歌手を夢見る人々に“アーティスト生命は短い”という声を聞きたくない。今年もサイ先輩、ソテジ先輩が出てくるとのことだが、僕達が新人の時活動した先輩たちが旺盛に活動するのは気分のいいことで僕達も学ぶことが多い。今回は“大当たり”という明確な目標より“このような先輩たちがいる”というお手本になりたい」と話した。





Twitter









LINE:東方神起スタンプ/着せかえ
  • ライブドアブログ