東方神起の活動記録&情報ブログです。
最新の更新履歴はスケジュール記事およびtwitterにてご確認ください。
(開始日:2013年1月1日)



ごあいさつ (2019.1.30)
ご訪問ありがとうございます。
2019年になりました。
活動記録として開設しているこのブログ、
今年も彼らの歩みを刻んでいきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
FROM TVXQ in Pocket

SNS





Instagram

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
キーワードタグ
アクセスカウンター
  • 累計:



[Billboard Korea]1995年誕生し国内大規模な音楽祭に生まれ変わったドリームコンサートが3万人の観客の歓声を引き出して成功裏に終えた。 コンサートが開かれた12日午後、ソウル上岩洞ワールドカップ競技場一帯は公演開始前から大きな混乱となった。 各地から集まった国内ファンだけでなく、日本、タイ、シンガポール、香港などアジア一帯で訪れた海外ファンも多くあった。 K-POPスターのレッドカーペット現場と公演をリアルタイムで盛り出すために、海外メディアの取材陣も忙しく動いた。 様々なプラカードと応援ツールとして、自分のスターを支持する熱狂的なファンも三々五々発見できた。

KARAスンヨン、2PMテギョン、ZE:Aシワンの司会で進行されたドリームコンサート最初の舞台は、K-POPスター総出動で華やかに飾られた。 東方神起のヒット曲 『風船』を一緒に熱唱しスターの祭りを祝った。

(中略)

この日の公演の熱気は、アジアを征服した男性グループ東方神起に至って爆発した。 白のスーツを着て舞台に上がった東方神起は『Why?』と『Rising sun』を歌い観客の拍手を誘導した。 ここでファンは東方神起の名前であるTVXQを一字ずつ作ってプレゼントするサプライズイベントを行った。 東方神起の情熱的な舞台が終わると全出演者が舞台中央に出てラブホリックスの『バタフライ(Butterfly)』を歌って、次のステージを約束した。 青少年に夢と希望を与えるために始まった公演であるだけに収益金の一部は恵まれない隣人に寄付する。

540×360 540×360

559×395

1023×1570 1024×1536

1538×1023 1536×1024






Red Carpet






Twitter






LINE:東方神起スタンプ/着せかえ
  • ライブドアブログ